読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粗製濫造の果てを見たい

2016年夏にカメラを買った初心者が写真を撮って思う事を書いてます。

今日の野良猫撮影8

野良猫 E-M1 MarkⅡ MZD40-150/2.8 NOKTON 25/0.95 MZD7-14/2.8 MZD12-40/2.8

f:id:tatsuya1977:20170328151333j:imagef:id:tatsuya1977:20170328151415j:image

いつもは野良猫が集まる公園で撮影しているのですが、今日はそこへ行く道中で遭遇。初めましての猫です。こっちをじっと見て警戒しているけど、一目散に逃げもしない。カメラについているのは標準単焦点。逃げられないようにゆっくりと近づいて撮りました。

 

道で会う猫はそれっきり二度と会えなかったり、3ヶ月後くらいにひょっこり出てきたり。どこかにあるお気に入りの場所がわかればもっと頻繁に会えるのかな。

 

f:id:tatsuya1977:20170328152030j:imagef:id:tatsuya1977:20170328152100j:imagef:id:tatsuya1977:20170328152138j:image

野良猫撮影はあまり自分は介入しないでありのまま、というのが自分のポリシーなんですが、たまには遊びたくなって枝でコチョコチョ。いい顔撮れました。

 

f:id:tatsuya1977:20170328152531j:imagef:id:tatsuya1977:20170328152607j:imagef:id:tatsuya1977:20170328152749j:image

広角のパースで遊んだり。慣れない画角でどう撮れるかまだわかりませんが、早くまともに使いこなせるようになりたいな。

 

f:id:tatsuya1977:20170328153054j:imagef:id:tatsuya1977:20170328153134j:imagef:id:tatsuya1977:20170328153201j:imagef:id:tatsuya1977:20170328153328j:imagef:id:tatsuya1977:20170328153245j:image

テンテンコのおたのしみ会

ライブ E-M1 MarkⅡ NOKTON 42.5 /0.95 NOKTON 25/0.95 LUMIX G 14/2.5

f:id:tatsuya1977:20170326121143j:image

というイベントに行ってきました。テンテンコさんは自分が熱心に通っていたBiSというアイドルグループ。BiSがいったん解散した後、個人で活動されています。

会場のHOPKENは普段はカフェ兼雑貨屋兼ギャラリーという感じでしょうか。二階の雑貨スペースを空けてライブをするようです。

 

お店にはいるのは一階のカフェのスペースからなんですが、自分が到着したのは開場15分後、開演15分前というところ。そうしたらバーに知り合い含む客が4、5人。そしてバーの隅っこではテンテンコさん本人がカレー食べてる。もうこの時点でどうなるかわかりません。

 

f:id:tatsuya1977:20170326122156j:image

写真はきーぽけさんのツイッターから拝借。

時間が来てライブスペースの二階に行くとすでにお客さんがたくさん入っていました。座席ありだったので空席を探すとなんと最前列だけが空いている!最後に来て一番前というなんだか申し訳ない状況でした。

 

f:id:tatsuya1977:20170326122502j:imagef:id:tatsuya1977:20170326122555j:imagef:id:tatsuya1977:20170326161834j:image露出、ホワイトバランスがバラバラ。修正してから投稿するべきですが、粗製濫造がモットーのブログですので。

 

テンテンコさんの音楽はちょっと自分の音楽の知識では上手く説明し難い。ノイズ、テクノ歌謡アンビエントなどなどとまとめられたりしていますね。色々、バラバラなマニアックなジャンルの音楽がテンテンコさんの特異なキャラクターで不思議とポップにまとめ上げられた奇妙なおもちゃ箱といった印象です。元アイドルがマニアックな音楽やってる、というより、こんなにマニアックな人が何故アイドルなんかやってたの?と思う。

 

f:id:tatsuya1977:20170326163251j:imagef:id:tatsuya1977:20170326163328j:imagef:id:tatsuya1977:20170326163400j:image

 

 で、そんなライブの写真撮るのってどうなの?と言われるとめちゃくちゃ難しかった。最前列に入れてもらったし薄暗いけど照明は一定、演者もそんなに動かない、と楽なはずなのになかなか納得いくのが撮れない。

いつものライブハウスの照明ならこちらが何も考えなくてもかっこよく照らしてくれたり、演者もかっこよくパフォーマンスしてるからそれをそのまま撮れば良い。

でもここには照明効果も派手なパフォーマンスも無い(むしるあると邪魔)。だけど出てる音の強烈さで凄く不思議な空間になってるのを何とか撮れないかなあと。

 

f:id:tatsuya1977:20170326162700j:imagef:id:tatsuya1977:20170326162754j:imagef:id:tatsuya1977:20170326162830j:image

 

初心者には無理難題です。とりあえず思いついたのはハイキーにしてみる、というのとスローシャッターでブラしてみる、くらい。明らかに違うし、引き出しがなさすぎます。色々見てインプットしなきゃ。

とんがった活動してる人を観ると、こっちも刺激受けるなあ〜

と思ったイベントでした。

 

f:id:tatsuya1977:20170326163504j:imagef:id:tatsuya1977:20170326163523j:image

ライブ後、物販に並んでいる間にテンコさんの機材間近で見れました。こういう物に疎くてよくわからないんですが、詳しい知人は最高やな〜と悶絶していました。エフェクター?にデスメタルと書いてあるのがかっこいいです。

 

 

今日の野良猫撮影7

野良猫 E-M1 MarkⅡ NOKTON 42.5 /0.95 MZD40-150/2.8 MZD7-14/2.8 タムロン90/2.8 MZD12-40/2.8

f:id:tatsuya1977:20170325143456j:image

今日は休みなので、いつもよりゆっくりと。レンズも多めに持っていきました。

7-14、12-40、40-150の大三元ズーム、42.5㎜F0.95、90㎜マクロ。

f:id:tatsuya1977:20170325144143j:imagef:id:tatsuya1977:20170325144216j:imagef:id:tatsuya1977:20170325145211j:imagef:id:tatsuya1977:20170325145733j:imagef:id:tatsuya1977:20170325144305j:imagef:id:tatsuya1977:20170325145630j:imagef:id:tatsuya1977:20170325144415j:imagef:id:tatsuya1977:20170325145854j:imagef:id:tatsuya1977:20170325144448j:imagef:id:tatsuya1977:20170325145922j:image

レンズの特性活かした撮影を…とか考えてたんですが、いらん事考えずに猫をよく見てた方が良かったですね。

レンズの特性は使い込んでいけば考えなくても使えるようになるでしょそのうち。

f:id:tatsuya1977:20170325144748j:image

今日の野良猫撮影6

野良猫 E-M1 MarkⅡ MZD12-40/2.8 タムロン90/2.8 ZD50/2

f:id:tatsuya1977:20170323151711j:imagef:id:tatsuya1977:20170323153204j:imagef:id:tatsuya1977:20170323153334j:image

今日も遅出の出勤前に。持って行ったレンズはMZD12-40、ZD50、タムロン90。

主に12-40で動きを撮りたいなあとか思ってました。

 

f:id:tatsuya1977:20170323152318j:image

こっちに歩いてくる。

f:id:tatsuya1977:20170323152417j:image

飛び降りる。

f:id:tatsuya1977:20170323152539j:image

飛び上がる。

f:id:tatsuya1977:20170323152840j:image

喧嘩する。

 

望遠でちょっと離れて撮るのと広角で近くから撮るのではブレ方も変わってきますね。色々試してベストの設定探ります。ただ、猫は好きな時に動いてくれるわけではないのでベストショットの為にはこれからも通わないと。

大阪ドリフター

ライブ アイドル E-M1 MarkⅡ NOKTON 42.5 /0.95 おやすみホログラム

前日に引き続き、おやすみホログラムを見に行ってきました。

場所はLPOWことLoft PlusOne West、多分2015年は月に二回以上は行ってた箱ですが、最近は行ってなくて結構久しぶり。平日だから客少なくてゆったり撮影できるかな…と思ってたんですが。

f:id:tatsuya1977:20170322174545j:image

LPOWに来たらこういう事したくなるんですよね。普段、ここは飲み食いしながらトークライブを見る会場なので椅子とテーブルがあります。今回みたいなライブイベントでは椅子テーブルは撤去されるんですが、最前列だけには備え付けのカウンターが残ってるので、そこにお酒並べてライブ見るという演者さんに対して失礼極まりない行いです。でもそれがLPOWやしな。もちろん混んでる日はやりませんよ。

 

で飲みすぎて時間は昨日よりあったはずが写真はあまり撮れず。後半はそもそもカメラ放り出してましたし。言い換えるとそれくらい楽しいイベントだった、というわけです。

 

今日の演者は三組

We Speak Your words 

オオルタイチ

おやすみホログラム

 

一組目、We Speak Your words 

f:id:tatsuya1977:20170322180000j:imagef:id:tatsuya1977:20170322180019j:image

おやホロのプロデューサーの小川さんとカナミルのユニットです。大阪では初お披露目。

音源ではアコギとピアノな感じなんですが、今回はなぜかダンスミュージックにアレンジされてるw

自分めっちゃ好きなやつだったんでまたやってください。

カナミルさんのガルフィのジャージ。

 

二組目、オオルタイチ

f:id:tatsuya1977:20170322180605j:imagef:id:tatsuya1977:20170322180655j:image

お酒といい音楽でだいぶ楽しくなってきました。

鏡月のボトル二本、いつの間にか空です。みんなで飲んだからね。

 

三組目、おやすみホログラム

 

青い照明ばかりなのでモノクロにしました。カメラ途中で置いちゃうくらいなんでそんなに枚数も撮らず。レンズはNOKTON42.5 ㎜で。他のレンズも用意してましたが結局交換せず。

f:id:tatsuya1977:20170322181329j:imagef:id:tatsuya1977:20170322181335j:imagef:id:tatsuya1977:20170322181345j:imagef:id:tatsuya1977:20170322181407j:imagef:id:tatsuya1977:20170322181421j:imagef:id:tatsuya1977:20170322181448j:image

セットリスト
sister
Drifter
note
11
sea song
fairytale
真昼のダンス
friday
ニューロマンサー

アンコール
planet

正直酔っ払いすぎてあまり覚えていないんですが、叫ぶと誰かが口に指を入れて塞いできたことは覚えています。

おやすみホログラム、開始当初はオタクが悪ふざけする遊び場、という印象の現場だったんですが、キャリアを積むにつれ聴かせて躍らせる、そんな風に成長してきたように思います。

でも時には羽目を外しても大目に見る、そんな寛容さがまだ残ってるのが自分が気に入ってるところですかね。そういう優しさに甘えないよう自戒するのも大切かな。

f:id:tatsuya1977:20170322182954j:image

 

 

 

 

 

LIKE A BUBBLE TOUR in OSAKA での おやすみホログラム

ライブ アイドル E-M1 MarkⅡ NOKTON 25/0.95 MZD7-14/2.8

f:id:tatsuya1977:20170321085637j:image

昨日はこういうイベントに行ってきました。

「ヤなことそっとミュート」というグループのアルバム発売に伴うツアーなんですが、自分の目当ては三番目に登場する「おやすみホログラム」です。

会場は心斎橋CONPASS。最近では一番よく行っているライブハウスです。大好きな箱ですがカメコ的にはスモーク多め、照明は暗め、ステージ低めと厳しい環境。加えて今日はチケットもよく売れてるようでおやホロの出番は後ですが、早めに行って場所確保します。

幸い、前方のヤなミュー目当ての知り合いにおやホロの時にポジション交代していただいたので、良い位置で見ることができました。

ただし、視界の良くない満員のライブハウスですから後ろからの前に前にという圧力は相当なもの、加えて柵も無いので太ももにステージが食い込み、踏ん張っていても何度も前に押し倒されます。カメラ壊してもおかしくない状況ですが、ライブハウスの最前で壊すなら本望、嫌なら退がれ、ですよ。

 

f:id:tatsuya1977:20170321090513j:image

おやすみホログラム

f:id:tatsuya1977:20170321090557j:image

ロックスターのような激しいパフォーマンスとカリスマ性を持つカナミルと

f:id:tatsuya1977:20170321090710j:image

いつもニコニコして親しみやすく、美大出身らしい独特のセンスを持つ八月ちゃんの二人組。

f:id:tatsuya1977:20170321091030j:image

後方でDJ機材を操るのは楽曲も作ってるプロデューサーの小川さん。

この人の色がとても強いグループなので、三人組と思ってる人も多いと思う。

一応、アイドルに分類されるおやすみホログラムですが、やってる音楽は女の子を可愛く見せるためのものではなくて、ミュージシャンである小川さんの好きな音楽をカナミル、八月ちゃんの二人を通して表現したものだと思います。

 

セットリストです。
fairy tale
真昼のダンス
planet
empty page
friday
ニューロマンサー
plan

 

f:id:tatsuya1977:20170321093552j:imagef:id:tatsuya1977:20170321093645j:imagef:id:tatsuya1977:20170321093722j:imagef:id:tatsuya1977:20170321094030j:imagef:id:tatsuya1977:20170321094823j:imagef:id:tatsuya1977:20170321094905j:image

使ったレンズはNOKTON 25㎜。後ろからガンガン押されながら、MFのレンズ使うのは無謀に思えますが、案外いけます。もちろんピント外した写真も量産しますがどうせライブの写真は数打ちゃ当たる、なので。ただ連写の設定は低速で良かったかも。高速連写は速すぎて同じ写真が増えるだけでした。

 このレンズは実絞りになってしまうので、落ち着いてピント合わせられない状況なら被写界深度

 求めて絞るよりむしろ開放で撮ったほうがピントの山がはっきり見えて歩留まり良いな、というのとせっかくF0.95使うんだったらシャッタースピードは500くらいまで上げないと、というのも今回の反省点。

 

静かな曲の「empty page」のタイミングでMZD7-14にレンズ交換。これライブハウスで使ってみたいが故に前の方に来たようなものです。しかし…

f:id:tatsuya1977:20170321112925j:imagef:id:tatsuya1977:20170321112945j:imagef:id:tatsuya1977:20170321113050j:imagef:id:tatsuya1977:20170321113109j:imagef:id:tatsuya1977:20170321113231j:image

 その後はfriday 、ニューロマンサー、planとおやホロ屈指のイケイケ曲連打。前への圧力はいっそう増し、時には上から人が降って来る、前に倒れるとカナミルさんに踏まれる、カナミルさんはそのまま俺の肩を踏み台に客上に立つ、とファインダー覗くことすらままならない状況に。もうノーファインダーで適当にカメラ向けてシャッターを切るのみ。ある意味、超広角にスイッチしておいて良かったとも言えますがまともな写真はほとんど撮れませんでした。とはいえ面白い感じな写真もあったので次は超広角をもっと使いこなしたいものです。

 

f:id:tatsuya1977:20170321114423j:imagef:id:tatsuya1977:20170321114513j:imagef:id:tatsuya1977:20170321114545j:imagef:id:tatsuya1977:20170321114633j:image

と、カメコ的には反省点も多かったけど、ライブはとても良かった。写真撮るのを忘れるライブはやはり理想ですね。特に後半三曲はそんな感じになりました。

 

おやホロで力尽きてしまい、場所変わってくれた方と交代した際にロビーに出るともうフロアに戻れないくらい人でいっぱい。初見のヤなミューは音だけ聴いただけになりましたが、渋めの音と透明感あるボーカルが絶妙で良かったなあ。前半に見たNEVE SLIDE DOWN、Emerald four も良かったし良いイベントでした。

 f:id:tatsuya1977:20170321125440j:image

いつものようにチェキ各一枚。

珍しくTシャツ着て出てきてたので売りたいのかなあと。最近復刻なんかもしてるようだし。

なんで基本Tシャツは買わないのですが一枚買ってしまいました。

 

今日の野良猫撮影5

野良猫 E-M10mkⅡ NOKTON 25/0.95

今日は早出、終わって職場を後にすると良いお天気です。

f:id:tatsuya1977:20170317180551j:image

最近、この時間にはあまり野良猫がいないんですが、日差しの暖かさから今日はいてるだろうな、という予感がありました。

 

f:id:tatsuya1977:20170317180750j:imagef:id:tatsuya1977:20170317182848j:imagef:id:tatsuya1977:20170317182930j:image

案の定、日向に集まってきてます。

 

f:id:tatsuya1977:20170317181149j:imagef:id:tatsuya1977:20170317181351j:imagef:id:tatsuya1977:20170317182305j:image

今日のレンズはNOKTONの25㎜一本だけ。

一番良いレンズ、とは思わないんですが、使っていて楽しいという観点ならダントツで一位です。

野良猫触ったら手洗い必須ですね、はい。

 

f:id:tatsuya1977:20170317182529j:imagef:id:tatsuya1977:20170317182540j:imagef:id:tatsuya1977:20170317182553j:image

日向と影の明暗差あったのでモノクロにも挑戦。

軽くアプリのフィルターで色々試したけど、自分はモノクロははっきりくっきりが好みかな? 

今度撮る時はカメラの設定のシャープネスとコントラストいじってみよう。